物件と融資の基礎について

あなたの物件の選び方にミスさえなければ、「投資収入がゼロである」ということはまずありません。そういう意味で、リスクがある投資、例えば株やFXなどと比べれば幾分楽とでもさえ言えるでしょう。先ほど、準備の必要性を再三説明しましたが、経験による物件を選ぶ目を養うことが、投資の成功の7割を握っていると言っても、決して過言ではありません。ひとつだけ、ここではコツを教えしましょう。はっきり言って近くに学校などがある家は狙い目であり、まずハズレの物件はありません。なぜならば、学校の近くの物件は、大体家族が入居する場合が多く、長くその物件を利用してくれることが多いのです。感覚としては、十数年住んでもらえると元が取れる、といったような感じのようです。今は、昔と比べて交通の便が良いということは物件を選ぶ上であまり重要だとはされていません。その代わり、学校などの教育関係の施設が多く集まっているところを、しっかりと狙うのは、不動産投資の常套手段と言えるかもしれません。おまけに、もう一つコツを紹介しておくと、あなたが物件を購入する場所が、人口の増減がどのようになっているかを確認しておくとよいでしょう。これからどんどん人口が減っていくというふうに見込まれている都市に、わざわざ物件を買ってしまうと、その入居者と回転率も大幅に下がっていくという予想は容易に立つと考えられます。それでは、東京都内のような比較的高価な物件が多い場所はどうかと言うと、確かに、家賃が高く高収入が見込めるのですが、このエリアは、いわゆるベテランの不動産投資家が投資を行うケースが多く、初心者にはお勧めできません。それならば東京の西側の地域や、北関東など比較的物件の価値が下がっているエリアを狙うほうが良いとも考えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です