サブリースを考える

サブリースとは、転貸しのことです。

不動産賃貸では、一括借上げのことを指します。

サブリース会社が物件を一括で借り上げて、たとえ空室でも家賃保証をしてくれるという、大家からするとありがたい仕組みです。

がしかし、昨今、このサブリース契約でトラブルが多発しているとのこと。

たとえば「家賃30年保証」とあっても、実は、「二年ごとに見直し」という文言がついていて、二年後に大幅に家賃を下げられ、想定していた賃料、利回りを得ることができないということもあります。

もちろん30年間も新築家賃のままというのも考えてみればおかしいと思わなければならないのかもしれません。二年で見直しも当然と言われたらそれまでです。

けれど、「30年間保証」を信じてアパート経営に乗り出した投資家も多く、またサブリース会社も家賃の見直しをぼやかして営業していたこともあるようです。

またこの保証家賃の値下げを呑まなければ契約解除ということも契約時には聞いてない投資家もいるのです。

こういった詐欺的会社が多く存在しているのも事実で、被害に遭わないためには、やはり表面利回り、実質利回りと、自分で計算できる大家を目指すべきなのかもしれません。

慣れない賃貸業だからと、業者任せにしないで、積極的に大家業に関わっていくのも大切です。

ベテラン大家さんがなぜ生き残っているのか。

それはやはり自分自身で利益の計算ができるからといえるでしょう。

不動産投資の成功は時間がかかるものです。利益を得たかどうかもなかなかわからなかったりします。

家賃の計算、空室状況など、大家業には、自分で調べられることは数多くあります。

大切なお金を無駄にしないためにも、調査に調査を重ねて、知識を増やしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です