不動産投資

支出を把握する

収支を見込むことは、あなたが得られる利益を把握することであり、これまでの記事で、収入の算出に置いて注意すべきポイントを記してきました。

収支とはもちろん、「収」つまり収入と、「支」つまり支出と、で構成されている概念です。

利益つまり営業収益というのは、収入から支出を差し引いたものです。ここまでの記事では、収入算出のポイントを示してきましたので、当然、支出を正確に把握するためのポイントについても、検討していきましょう。

収入においては、情報収集とデータの出自の検討、正しい計算などから、かなり現実的な数字を出すことが可能です。対して支出では、いくつかの理由から、収入に比べると大まかな数値しか算出されないかもしれません。しかし、取引を進めていくうちで、より多くの情報が得られ、支出の見込みというものも、徐々に具体的なものとなっていく可能性が高いので、物件の検討の段階では、できる限り現実的な数字を出す、ということが目標となります。

あなたはおそらく、全てのリサーチを自分で行いたいと思うかもしれません。自分で見聞きした情報しか信用できない、と慎重になることは、悪いことではありません。

しかし、あなたはまだ、不動産投資のスタートラインに立っているような状態だと思います。そのような状態で吟味すべき情報というのは、人伝いに得られたものである可能性が非常に高いものです。独自の情報網を持っていないならば、専門家とされている人間の意見を聞き、それを慎重に検討するというのも一つの手となります。